【青の花茶は基本は青色だけど条件によって変化する】

「青の花茶」はタイを中心にハーブティーとして飲まれている、色が変わる不思議なお茶です。
色は青を基準としてアルカリ性の物を入れれば緑や黄色に、酸性の物を加えれば紫や赤色に変化します。
アルカリ性の物は重曹が、酸性の物はレモン等が当てはまります。
ちなみに何も加えていない状態が青色なのは、成分にアントシアニンという色素が含まれているからです。
また酸性を加えて紫色にした後でアルカリ性を足すと、元の青色に戻ります。
反対にアルカリ性の後に、酸性の成分を足しても同じです。
上記の色の変わり方については、某少年探偵漫画内でトリックとしても使われました。
そのアニメを視聴して、色が変わるお茶の存在を知った人もいるようです。

【青の花茶は「小さな恋」が花言葉のマメ科の植物】

青の花茶に使われている花は、もちろん「青の花茶」です。
その花はマメ科の植物で、鮮やかな青紫色の花を付けるハーブとなっています。
花びらの形や模様は、どこと無くパンジーやビオラに近いでしょう。
また花びらの色は、指で触れるとその触れた指に色が付着するくらい濃かったりします。
それから青の花茶は日本語では「蝶豆」と言い、「小さな恋」という意味の花言葉を持っているのです。

【青の花茶は甘味料を加えるか炭酸で割って飲むのが主流】

それと青の花茶の味ですが、このお茶はクセが全くと言っていい程有りません。
ハーブティーを飲み慣れていない人にはハーブティー特有の苦味や辛味を多少は感じるかもしれませんが、それもほとんど0に近いでしょう。
そのため本場のタイや東南アジア地域では、砂糖やハチミツを入れて甘くしたり炭酸で割ったりして飲まれているとの事でした。
また色を紫色に変えられるレモンはビタミンが豊富で味もスッキリするので、レモン汁を加えて飲む人も沢山います。

【青の花茶は女性の味方だけど妊娠中は飲んじゃダメ】

この色が変化する不思議なハーブティーは、アンチエイジングに効果的とされています。
なんでもアントシアニンの抗酸化作用が働く事によって、肌のケアを行えるからなのです。
ですからタイを中心に、いつまでも若くいたいと願う女性達が良く飲んでいるのです。
それに抗酸化作用が働く事は、健康面にも特化しています。
日本ではまだマイナーな存在のハーブティーですが、美容と健康を考えて積極的に取り入れて行くと良いでしょう。
しかし青の花茶は美容や健康に良く女性の味方で有ると同時に、子宮収縮作用等も働いてしまうため妊娠中及び生理期間には飲んではいけません。
販売されている商品には、そのような注意書きがしっかりとされています。
なので妊娠中や生理中を避けて、飲むようにしましょう。

【まとめ】

以上が青の花茶の色と花の種類に風味、そして効果についての紹介になります。
色は幻想的だけど味はサッパリとしている、そんなハーブティーをぜひとも飲んでみて下さいね。