そのあまりにも青過ぎる色合いからかき氷の「ブルーハワイ」を連想させる飲み物があります。
それが「バタフライピー」というハーブで出来たハーブティーです。
台湾で大人気となっているバタフライピーは、どのような効能を持っているのでしょうか。

 

【バタフライピーとは?】

バタフライピーとは、タイの庭先や公園などでも普通に見かけるポピュラーなハーブで、
タイ語では「アンチャン」、英名では「バタフライピー」、日本でも「蝶豆」と呼ばれています。
その語源は開いた花が羽を広げた蝶に似ていることからだそう。
タイでは基本的に花の部分がよく使われていて、ご飯やお菓子を青く染める際の天然の染料として利用されているのだとか。
またシャンプーやボディーソープ、洗顔料などの日用品にも幅広く利用されています。
それだけ多くの効能が詰まっているということですから、今注目を集めているハーブティーでもあります。
バタフライピーが海外の多くの方に愛飲されている理由は、その鮮やかな青色にもあるのです。
ハーブティーとして飲む際も鮮やかな青色が見た目も華やかとなりますし、レモンを入れるとクエン酸に反応して、紫やピンク色に変色もしてくれます。
同じ紅茶で何度も楽しめることから非常に人気が高いのです。

 

【バタフライピーの効能は?】

鮮やかな青さや色の変化から親しまれてきたバタフライピー。
その効能は抗血栓などに効果があるとされ、血液をサラサラにしてくれます。
さらにブルーベリーに多く含まれている「アントシアニン」という抗酸化物質が、アンチエイジングや眼精疲労にも効果を発揮します。
そう、老化防止に非常に高い効果を発揮するのです。そもそもバタフライピーの青色はこのアントシアニンによるもの。
このアントシアニンには肥満予防効果があり、ダイエットのお供として飲むのも効果的。
さらに皮膚の弾力を保持する効果もあるそうで、タイでは洗顔料や入浴剤などに利用されていることでも有名です。
アントシアニンの濃度は他の植物と比べても豊富に含まれているそうですから、日本の女性にも人気拡大中のハーブティなんです。

 

 

【飲んではいけない場合がある?】

これだけの美容・アンチエイジング効果のあるバタフライピー。ですが、なんと妊娠・生理中の女性は飲んではいけないのだとか。
バタフライピーが日本より一足先に人気になった台湾や原産国のタイのサイトなどでは、上記の注意書きがしっかりと書かれています。
なぜこれらの方が飲んではいけないのというと、「子宮収縮作用」「血小板の凝固抑制作用」があるからです。
子宮収縮作用が起きてしまうと妊娠中の方は流産・早産の危険性が高くなってしまいますし、
生理中の方や出血中の方が飲むことで血が固まりにくく、貧血を起こしてしまうこともあり得ます。
健常な状態ならば血流を良くし血管内の血栓を無くしてくれる有用な成分ですが、飲むタイミングを誤ってしまうと途端に危険なことにもなってしまうんです。

 

このようにバタフライピーは素晴らしい効能があり、見た目にも大変美しいハーブティーです。
原産国のタイは女性が美しい国としても有名であり、その一端をバタフライピーが担っていると言っても過言ではありません。
しかし飲まれる際は自分の体調をしっかりと確認し、生理・妊娠・怪我などをしていない健康な状態で飲むことを心掛けましょうね。