青の花茶。

ハーブティーと言えば、ラベンダーやカモミール、ミントなどたくさんありますが、バタフライピーをご存知でしょうか。バタフライピーというのはイギリスでの呼び名で、タイではアンチャンと呼ばれています。バタフライピーはマメ科の植物で、タイでは庭先や公園に咲いている一般的なハーブの一種です。まだ日本ではあまりよく知られていないバタフライピーですが、どのようなハーブなのでしょうか。

青の花茶

青の花茶を代表とするバタフライピーのハーブティーはとても鮮やかなブルーの色をしています。青い色をした飲み物にあまり馴染みがない日本では、バタフライピーのハーブティーの色鮮やかさにきっと驚く人が多いでしょう。乾燥させたバタフライピーの花に含まれるアントシアニン色素の効果で、お湯がブルーに染まるのです。このブルーのバタフライピーに、ライムやレモンなどのクエン酸を入れると、アントシアニン色素とクエン酸が反応して紫色に変化するのも、バタフライピーの特徴です。味にはそれほど癖がありませんが、ほんの少し豆の香りがします。タイではお砂糖とライムを入れて飲むのが一般的ですが、ハチミツを入れたり、ソーダで割ったりして飲むのも美味しいです。

バタフライピーとは

バタフライピーとは神秘的な青い花で、ハーブティーとして飲めば日々の健康や美容のサポートをしてくれます。バタフライピーは古くからをタイはじめ、東南アジアや南アジアでで栽培されているハーブです。お茶やヘアケア商品の原料など、幅広い使い方ができる万能な花です。バタフライピーは日本では、まだ認知度が低いですが素晴らしい効果を発揮するので知っておくといいです。

青の花茶の効能

青の花茶にはアントシアニン色素が含まれています。このアントシアニン色素はポリフェノールの一種で、疲れ目に効果がある成分です。眼精疲労を和らげるので、パソコンやスマホを使って目を酷使する方にはおすすめです。また、アントシアニンには高い抗酸化力があるので、アンチエイジング効果も期待できます。タイでは、青い花をハーブティーとして飲むといつまでも若く美しくいられると言われていて、タイの女性に支持を得ている飲み物です。美白や美肌効果があり、シミやくすみを防いでお肌にハリと弾力を与えてくれます。また、血液をサラサラにしてくれ、心疾患や脳血管障害、高脂血症等の病気を改善する役割を果たします。バタフライピーを飲まずに直接髪の毛につければ、美しい黒髪を保ち、白髪や抜け毛の改善にもなるそうです。バタフライピーにはカフェインが含まれていないので、寝る前にも安心して飲むことができます。

青の花茶は、そのブルーの美しさで見ても癒され、レモンやライムを入れて紫色に変化するのを楽しめ、様々な効果を得ることができる素晴らしいハーブティーなのです。カフェインが入っていないので、睡眠前に飲んでも安心で、子供からお年寄りまで飲むことができます。ただ一つ注意点があり、子宮収縮作用と血小板凝固抑制作用があります。そのため、生理中や妊娠中の場合には、飲むことを控えた方が良いでしょう。特に妊娠初期の妊婦さんには流産の危険があるので気を付ける必要があります。青の花茶に限らずハーブには、体への効能がある一方、注意しなければならない点もあるので気を付けなければなりません。注意点をよく理解して、様々な効能が期待できる青の花茶を飲んで楽しみましょう。

複数の効果が期待できる青の花茶

青の花茶の主成分であるバタフライピーには、複数の良い効果が期待できるとされています。
このハーブティーは、とても濃い青色が特徴的であり、見た目は爽やかに感じられます。
そのままバタフライピーのティーを飲むと口にも爽やかな風味が広がり、飲みやすさも抜群であると言えるでしょう。

ソーダで割ると更に爽やかな感じが強くなるため、美味しく飲むことが可能になるのではないかと思います。

このような風味を持つハーブティーには、複数の魅力的な効果が期待できるのではないかと考えられており、昨今関心を集めています。

目の疲れの改善

最も大きな効果としては、目の疲れを改善する点が挙げられるでしょう。
この青の花茶の主成分であるバタフライピーは非常に濃い青色であるところが特徴的ですが、この色素はアントシアニンというものです。

近年ではブルーベリーに配合されている色素として、非常に有名になってきていますが、眼精疲労や目の酷使された状態を改善することが期待されています。

そのため、パソコンやスマートフォンなどのディスプレイを長時間見た後や、細かい文字を見た際などには、青の花茶の主成分であるバタフライピーのハーブティーを飲むことで目がすっきりとしてくるのではないでしょうか。

このアントシアニンの眼精疲労の改善にまつわる効果は、比較的短時間で生じてくる場合が多く、疲れ目だと感じた際にすぐに飲むようにすることがベストです。

また、こまめに青の花茶の主成分であるバタフライピーのティーを飲む習慣を取り入れると、目が疲れにくくなることも期待されます。

アントシアニンが目の細胞を保護してくれる作用を持つことから、長時間ディスプレイを見続けても疲れが起こりにくくなると考えられています。

抗酸化作用

アントシアニンの色素は、抗酸化作用を持つ成分としても有名です。

この作用は、肌の老化を抑制することに大いに貢献すると考えられているため、アンチエイジングの効果も持っていると認識されています。

肌の老化を食い止めたいという人にとっても、青の花茶の主成分であるバタフライピーのティーは飲むべきものとして推奨されるのではないかと思います。

日常的にこのハーブティーを飲んでいくことで、肌のみずみずしい状態が保たれたり、肌のハリやきめが改善されたりする可能性は高いと考えられています。

老化を防止するためのエイジングケアを積極的に行いたいという人たちにとっても、このタイプのハーブティーを飲むことが望ましいと言えるのではないでしょうか。

飲みやすいこともあり、アンチエイジングに適していると考えられています。

青の花茶の主成分であるバタフライピーのハーブティーを飲むことで期待できる効果は、アンチエイジングの色素によるものが大きいということが特徴的です。

そのため、目が疲れやすいという人や、アンチエイジングを実現させたいと希望する人々に対しては、積極的にこのハーブティーを飲むことが推奨されるのではないかと思います。

爽やかな風味が魅力でもあるため、リラックスしたいときなどにも青の花茶の主成分であるバタフライピーの青いハーブティーを飲むと良いのではないでしょうか。

アンチエイジング

アンチエイジングに効果があります。バタフライピーの花びらは青色をしていますが、こちらにはアントシアニンという色素がたくさん含まれています。アントシアニンは、ポリフェノールの一種で高い抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐことができます。また、アントシアニンには、ビタミンCやコエンザイムQ10と同じ物質も入っているので、老化の原因になる活性酸素を除去してくれるのでアンチエイジング効果が期待できるのです。また、眼精疲労にも効果があるようです。仕事でパソコンを使う人は多いといます。そして、現代はスマートフォンをお使になってる人が多く疲れ目になっている人は昔より増えていると思います。そんな方にはバタフライピーがおすすめされており、疲れ目にお悩みの人に人気を集めています。ハーブティーとしての効果を紹介しましたが、他の使い方もできます。薄毛に効果的だというのです。お湯で抽出した液体をコンディショナーがわりにすれば、白髪や抜け毛を防ぐことができます。実際タイでは、バタフライピーの成分が配合されたシャンプーやコンディショナーが市販で販売されているようです。

青の花茶の飲み方

バタフライピーは、色の変化を楽しむことができます。どうやって色を変化させるのかといいますと、酸性の食材を入れるだけです。普通にお湯や水を入れて飲んですが、このように色の変化を楽しみながら飲むのもおすすめです。お友達やお客様に出すと、不思議で喜ばれそうですね。インスタグラムなどに載せるのもおしゃれでいいかもしれません。バタフライピーはくせはないのですが、青臭さを感じる人もいるかもしれません。飲みにくい人は、はちみつをプラスして飲むといいでしょう。はちみつはバタフライピーと同じで、ポリフェノールを多く含んでのでより強いエイジングケアサポートも期待できます。味もおいしくなって、効果があがるなんて嬉しいですよね。そのほかにも炭酸やお酒で割るのもいいみたいです。

まとめ

青の花茶の魅力をお伝えしましたが、いかがでしょうか。いま、健康や美容を維持するサプリメントがたくさんありますが、このバタフライピーをハーブティーとして飲むのはサプリメントより簡単かもしれません。味や色も変えれるので飽きることもなさそうです。ティータイムとして、リラックスしながら飲めるのもとても魅力的ですよね。レモンを入れたり、はちみつを入れたりして自分流の飲み方を楽しんでみてください。